熱帯雨林がなくなると、地球の酸素もなくなる!?

ferns-303016_640

熱帯雨林などの森林破壊が進むと、いつかは大気中の酸素がなくなってしまうのでしょうか?

確かに、森林は皆さんご存知の通り酸素をどんどん放出しており、スギ林では毎年1ヘクタール当たり20トンほど、大人74人分の酸素量を吐き出しています。

しかし、酸素は人間の呼吸だけではなく、工業でも大量に使用されるものです。

もし東京23区の酸素消費量を森林だけでまかなおうとすれば、その面積の20倍以上もの森林が必要になってしまいます。

それでも酸欠が起こらないのは、大気中に酸素が21%も含まれているからです。

毎年、森林が必死に放出する酸素量は、なんと大気中の酸素量の数千分の1に過ぎません。

そのため、森林破壊によって酸欠状態が起こることはないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク