「森」と「林」の違いとは?

N866_yakushimanohukaimori500

普段よく耳にする「森」と「林」。

あなたは意味を区別できますか?

漢字を見て、「木」が多いから森は林より木の数が多い地域を指しているんじゃないか…?

なんて考えている人もいるかもしれません。

実は森と林には明確に意味の違いがあって、混用するものでも対立するものでもないのです。

どちらも、「木がたくさん集まって生えているところ」という点では変わりません。

しかし、「林」は人間の生活に深く関わっている、もしくは関わっていた歴史があるものを指し、「森」は盛り上がっている、あるいは木がたくさん鬱蒼と茂っているものを指すのです。

因みに、「森林」は森や林の総称ではなく、「鬱蒼と茂っている様子の林」という意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク