空が青く見えるのはどうして?

gull-456727_640

天気がいい日には、一面に青空が広がって気持ちがいいですよね。

空気は透明なはずなのに、どうして青く見えるのでしょう?

モノに色がついて見えるのは光の作用によるもので、空が青く見えるのは、空気の元になっている窒素や酸素の分子に光が当たることで空が青く見えているのです。

実は太陽光には光の中に赤から紫までさまざまな色が含まれています。

太陽光が空気の中を通過するときに波長の短い青い光が窒素や酸素の分子にぶつかって、四方八方に散らばってしまいます。

それによって空いっぱいに青い光が広がり、私たちには空が青く見えるというわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク