紅茶用のティーカップはなぜ薄い?

tea-cup-469276_640

紅茶とコーヒーのカップを思い浮かべてみて下さい。

一般に、紅茶は薄いティーカップで、コーヒーは厚いマグカップで飲むことが多くないでしょうか?

この理由は、紅茶はもともと透明度の高い飲み物であるため、光を通す磁器のカップ入れることでより美しく、澄んだ色に見えるからなのです。

一方、コーヒーはというと、もともと濃い色の飲み物なので、中途半端に色が薄いとかえって不味そうに見えてしまいます。

だからコーヒーカップは光を遮断する厚手のカップになっているのです。

飲み物によって容器が異なるのは、私たちが飲み物をしただけでなく、目でも味わっている証拠なのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク