録音した自分の声は、なぜ変な声に聞こえる?

microphone-541192_640

初めて録音した自分の声を聴いたとき、「えっ?これが自分の声?」と思った経験はないでしょうか?

もっとも、そう感じているのは本人だけで、周りの人は普段聞いている声とそう変わりはありません。

これはどうしてかというと、人間の声は声帯で発し、のどや口で共鳴することによって大きな声になって他の人の耳に届きます。

ところが、声を出した本人は、その声が自分のアゴの骨や耳のそばの骨と共鳴してしまうため、周りの人とは違う音に聞こえてしまいます。

録音した声は自分が思っているよりも高音であることが多いですが、これはその骨の振動によって低音部が強調されているからなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク