水道メーターの仕組みは?

garden-351515_640

私たちが毎日使っている水道ですが、その仕組みはどうなっているのか知っていますか?

一般の水道メーターには、「流速式接線流羽根車タイプ」という水道メーターが使われています。

なんとも難しそうな名前ですが、その仕組みは意外と簡単で、蛇口をひねると水が計量室の中の羽根車にぶつかり、その羽根車の回転数から流れていった水量を計算して、水道使用量を測定しています。

要するに、羽根車の回転数が使用水量として一目でわかるようにつくられているということなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク