納豆1パックの中には500億個もの菌がいる!?

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

日本人の代表的な朝食である納豆。

スーパーで売られるあの1パックの中に、そんなに多くの菌がいるとご存知でしたか?

納豆は白大豆をよく発酵させて作られているものです。

まず、白大豆をよく煮てワラでくるみ、2日以上寝かせます。

40℃くらいになると、ワラに付着していた納豆菌が増殖し、大豆が発酵熟成してネバネバになって、納豆のあの独特の臭いを出すようになるのです。

現代では天然の菌ではなくバイオテクノロジーで培養した菌を使うことが多いようですが、納豆菌を利用することに変わりはありません。

その納豆菌の数が1パック中になんと約500億個。

言うまでもなくピンピン生きていて、生きたまま腸に送られ、腸の中でもパワフルに働きます。

1000億個もの生きた菌を食べていると考えると少し怖くなってしまうかもしれませんが、主な働きはビフィズス菌の増殖を助けたり、ビタミンの合成を助けたり、悪玉の細菌の活動を抑えたりと、とても働き者の善玉菌なので大歓迎ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク